スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前変わります。

ブログを始めた時、正直こんなに続くとは
思いませんでした。


猫の写真をUPすればいいよd(^_^o)と
友人から進められ

そして

見にきてくれる方が増えて

沢山の人に

私が励まされております(=^ェ^=)

ブログ名を決める時に

病気の事がわからないような名前と
思いつけましたが


新しい名前も、候補の一つでした。

突然ですが

ブログ名が変わります。



酸素の局

これからも、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

今回の病室

入院した部屋は 11月入院したところと同室 そして同じ位置のベット。

看護師さんもカーテン開けるとあら~~~~さよさん~~~~っおなじとこ^^

と笑っている。 顔いろ良くなったよ~ どう~? あららどうしたの~?

担当以外の看護師さんもサチュレーションが下がると飛んできてくれる。(モニター監視)

同室の方は皆様80代のおばあちゃま。 母より年上。

4人部屋だが 四人とも一人でトイレは行ってはいけない。

そして酸素使用者。

どうも利尿剤も服用しているらしいし 点滴もしているので 御三方頻繁におトイレ。

変わりばんこにナースコールがなる。 最後には一人が終わると私も私も状態。。。



看護師さんたちが何時も 元気な声で対応していた。

そして おばちゃま方への 声掛けを絶やさない。

カーテン越しでも名前を呼んで 大丈夫~なにかあったらすぐ教えてね~っと声をかけたり

食事の時間には 車椅子に乗せてディルームに連れて行ったり

座っている時間を作り うんうんと話を聞いて・・・・・

最初 年をとってから入院生活を送ると認知症が進む。。。

そんなことを思っていた。 実際 もう30年前だが 私の祖母も入院を期に認知症がすすんだから。

でも 看護師さんとの会話とここの入院生活は 一日一日 おばあちゃま方を元気にしていった。

カーテン越しに聞こえてくる声が はつらつとして来て

できない。。。やらないと言っていた移動や徒歩 リハビリも 

自分からがんばるというようになって^^

お薬や先生の治療のおかげもあると思うけど 

看護師さんの力はすごいね。

そんなやり取りを聞いていて

私も一日一日元気になっていった。実感できた^^

さよさんは まだまだサチュレーションが戻りやすいから大丈夫^^ ゆっくり動けばまだまだいけるよ~

主任さんから言われた言葉。

ここのところ 病気に関してはへこむことばかりしか言われなかったので

私の気持ちを明るくしてくれた。

大丈夫^^ まだまだ いける。




え~し~

地震からACのCMが目につく。

CM自粛で仕方ないとしても

あの “ぽぽぽぽ~ん♪”は当初から、頭にこびりついて離れない。

先日ラジオで始めえフルバージョンを聞いて、長いのにびっくりでした。

我が家の場合。。。作ってみました。


  “遊ぼう”っていうと

  “眠いから・・・”と断られ。

  画像 007
                           後でね~

  
  “馬鹿”っていうと  
  
  “猫だよ”  と意見され


  画像 009
                 ウマでもシカでもないわよw・・・・・ バッカじゃない~

    “もぅあそばない”っていうと


    “遊ぶまで待つぞ。。。”と頑張られ・・・

   画像 008
               ぷ~んぷ~ぷ~と鳴く

   でもやっぱりさびしくなって

   “ごめんね”っていうと 

   “目をそらす”・・・

目あわせちゃ駄目よ   
 
    目あわせちゃだめよ。。。         なんのことだろ?・・・ どきどき
  


  


  猫だから。。。。。。 そうねこだから・・・
  

セラピーCat・・・

今日テレビでセラピーDOGをしていた。

やさしい目で寄り添う犬たち。。。癒しよね~


以前から猫か犬を飼いたいとは言っていた。

双方仕事をして、忙しかったので、なかなか踏ん切りがつかなかった。

子犬、子猫を飼うには適した環境ではないと、思っていたから。。。

それが主治医のいう“180度生活がかわる”できごとが起こり

自宅にいる生活になったのを期に、猫を迎えた。

猫が来るまでの私は、何もかもヤル気が無く
寝たきり?に近い生活だった。

最初は退院したばかりだから。。。っと勘弁してくれていた家族も

さすがにこれでは、いかんっと思ったらしい。

姐猫なつが来て、生活が変った。

赤ん坊を世話するように、食事を与えて、トイレの世話をして

明け方でも“にゃ~”っと声がすると飛び起きて様子を見に行った。

何より私を頼りにしてくれて、寄り添ってくれた。

そして半年後、弟猫りきが来て、大変なやんちゃぶりに手こずりながらも

笑いは二倍となり、私も元気になっていった。


今日も少々寝込んだ。

具合が悪いわけではないが、だるかったから(^^)v
旦那君もいるし、ご飯ももらっているから安心していたが

寝室まで なつがちょくちょく様子を見に来る。

しまいには“にゃ~にゃ~”鳴いて顔を覗きこむ。

やさしい顔ではない。。。般若のような顔で一生懸命に。。。

起きろ~ばばぁ~くらいの勢い。。。(^◇^)

起きだして、リビングに私が落ち着くと、

なつは、隣で安心したように眠りについた。。。

我が家のはセラピーCATは、中々厳しい。

でも二匹の御世話係りは、責任もってやり遂げねば・・・





bukechoの独り言・・・

長い長い正月休みも終わり・・・・・ふふふん♪

別に充分だらだらしていたのだけど

自分のペースでだらだらするのとは
ちと違いますよね~(*^。^*)

仕事初めの旦那君の背中がヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪ っていっているかな(~_~;)

いろいろお疲れ様でした~♪

ここのところ冷えるせいか

外気に当たるとサチュレーションも下がり気味

そうなると、咳はでるし、痰もでて、またそれでぜろぜろと・・・くるしい・・・

動くのも休み休み。

段々筋力だって落ちますよね~。

2日に出かけたので、昨晩からボンベを持った腕や足の筋肉痛?が出てきています。

ちょっと明日から鍛えようかと思っています。ゆっくりですがね。

食欲は出てきました。

美味しく食べられることは、幸せです~♪

ステロイドの減量の苦しさは、なんだかもう消えたようです。

そうそう、ここからは“痰”のはなし。
知りたい方だけどうぞ~

続きを読む

プロフィール

さよ

Author:さよ
特発性間質性肺炎から肺線維症となり
酸素生活を送っています。

在宅酸素になるまで
仕事に子育てに忙しくしてきましたが
今は、二匹のお世話係りと
主婦もどきをしながら
ゆっくり、丁寧に
生活して行こうと思っています。

現在のお薬 一日量です 2014・5・15書換
プレドニン
バクタ配合錠  ×1
ネキシウムカプセル20mg×1
ワンアルファ錠1.0μg ×1
ピレスパ200mg  ×6
ホクナリンテープ
ムコフェニン吸入液20%  吸入用


頓服薬
(咳止めの部)
コデインリン酸塩散1%

(鎮痛剤の部)
 ロキソニン錠 

旦那君と猫と同居

なつ♀(姐猫)
 2008. 7. 7生(推定)
 2009.11. 2 千葉から我が家へ
 物静かなしっかり者
 我が家の警備隊長
 得意技は鋭い猫パンチ

りき♂ (弟猫)
 2009.1.5生(推定)
 2009. 3.16 茨城から我が家へ 
 俺様一番型 びびり
 得意技は鳴き落とし    
 気持ちは永遠に子猫

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。